洗濯物干しを固定するアイテムの作成

強風で洗濯物干しが回転して、洗濯物が汚れます

皆さんは、洗濯した物を干すときに、建物やベランダの手摺に接触して汚れないように物干しを平行にしたのに、風のいたずらでいつの間にか回転して汚れた網戸に洗濯物が擦れているなんて経験ありませんか?  我が家は風通しが良い海の近くに建っているので、強風になることがしばしばあります。 そして、いつの間にか物干しが回転して、洗濯物が網戸やベランダに接触しています。

ひどい時は丈の長いズボンやタオルがベランダの外側に出てしまって、パタパタはためいていることもあります。

洗濯物干しが動かないような工夫

そこで、洗濯物干しが強風時でも回転しないように工夫しました。大型の洗濯ばさみと中型の洗濯ばさみをひもで結び、大型の方は物干しざお、中型の洗濯ばさみは物干しの端に付けて、固定するのです。

最初は大型の洗濯ばさみと普通の洗濯ばさみをチェーンで繋いだ物を作りました。実際に使ってみるとチェーンが長すぎたことと、洗濯物干しの端を掴むはさみは、少し大きい物でないと掴みづらいことが解りました。この2点を改良したのが左の改良型です。この改良でずっと使いやすくなったので、これを4個作りました。

2階のベランダに洗濯物を干すときは、この固定するハサミを毎回使っています。これを付けてからは、強風でも洗濯物干しが回転せず、洗濯物が汚れることは無くなりました。ではまた

横須賀の風景

海岸で「波打ち際の獲物」をめぐって、カラスと海鳥が争っています。

カラスの数が多いのですが、1羽で海鳥が奮闘しています。「獲物」を海に引き込んでしました。

Pocket
LINEで送る
Facebook にシェア

コメント