暮らしの工夫

暮らしの工夫

錆びてきたシャッターに油を塗りました

シャッターの内側に錆が目立ちます。 自宅からは海が見えるくらい海岸から近いから、強風時の潮風が強烈で塩害も影響して、錆が早く進んだと思います。そこで、シャッター全体にオイルを塗ることにしました。
暮らしの工夫

ガレージにゴム製フロアマットを敷きました

耐久性があるガレージ用のカーペットを探していました。 ホームセンターを見て回りましたが、これというものが見つかりません。インターネットで探していたら、私のバイクガレージにピッタリの物が見つかりました。ゴム製のガレージマットで長さが5mあるから、半分に切断すれば丁度バイク2台分のスペースがカバーできます。 早速注文しました。
暮らしの工夫

来年のカレンダーの補強

店ではもう来年のカレンダーが売っています。 年金暮らしになってから、年末にもらえるのは車屋や保険屋のカレンダーだけで、あちこちにカレンダーを掲げたい私としては、足りないぶんを買うことにしています。書店やホームセンターで売っているカレンダーは1000円前後するけれど、100均のカレンダーでも用が足りるから、100均で買っています。ただし、100均のカレンダーは紙が薄いから、「芯」の部分も強度が足りなくて、特に大きいカレンダーでは、ちょっと風に吹かれたり、体がふれたりするだけで真ん中から折れ曲がってしまいます。 そこで、強度を上げるため補強をして使っています。
暮らしの工夫

葉が伸びてしまった庭木の手入れ

葉が伸びてしまった我が家の庭木です。春から葉が育ち、夏にはボーボーになってしまいました。天気が良いので、ヘッジトリマーで手入れをすることにしました。
暮らしの工夫

扇風機の掃除、片付け

温暖化でも もう、扇風機が活躍する日は無いと感じます。そこで、清掃して格納することにしました。テレビで扇風機の片付け方を専門家が説明しながらやっているのを見たら、本当に基本的なことも丁寧に説明していました。 そこで我が家の奥さんに説明するような感じで、あまり分解した経験が無い人に見ていただくような説明をしてみたいと思います。
暮らしの工夫

災害時のための発電機の確認運転

東北の大震災後に購入した発電機です。11年前の震災では関東も大きな被害が発生して、横須賀では計画停電も実施されました。 そこで、停電になっても最低限の電源確保のため、この発電機を購入しました。停電になった場合、冷蔵庫、テレビ、スマホ充電のための電気を供給するつもりです。
暮らしの工夫

灯油用のポリタンクをいつの間にか20年も使っていました

自宅の暖房は主に灯油ファンヒーターや灯油ストーブを使用しています。冬でも動きやすいように部屋や通路、洗面所を暖かくしているから、灯油の消費量が多くて4本のポリタンクを使っています。ところで、我が家のポリタンクは買ってからどのくらいの年月が経ったのか、気になり調べてみました。 ポリタンクの側面下部に製造年月の表示がありました。 確認してビックリしました。一番古いのは1999年12月の製造で、他の3本も2002年製造でした。
暮らしの工夫

放置していた工具を活躍させました

親父が亡くなって9年が経ちました。まだまだ整理できていない遺品があります。この電動ドリルもその一つです。私はこれよりもっと高性能の電動ドリル、そして充電式の高性能ドリルも2台保有しているから、分解してゴミに出そうかと考えていました。しかし、動かしてみるとシッカリ仕事をしてくれます。ドリルの刃もかなり細い物まであって、この軽量のドリルで作業すれば使いやすそうです。
暮らしの工夫

玄関ドアの補修とハロウィンの飾りつけ

玄関ドアはマメに手入れをしていたつもりでしたが、四角いガラスがはめ込まれた周囲に錆が目立ってきました。そこで、雨の日に雨水を利用して汚れを落とした後、数日して天気の良い日に錆を落として塗装することにしました。
暮らしの工夫

ボールペンに、長さの異なる他社の替え芯を付けてみようと思います

自宅にあるボールペンは製造メーカーがバラバラです。それでも買ってきた「uni JETSTREAM」の替え芯に付け替えられないか、色々試しました。写真は下の赤枠が、替え芯を買ってきた「uni CLIFTER2」で上の青枠がぺんてるのボールペンです。芯の太さは同じですが長さがかなり違います。